人工透析 DIALYSIS

オンラインHDF

当院ではオンラインHDFを行っております。
オンラインHDFは完全に清浄化されたウルトラピュアな透析液を用います。エンドトキシン等毒素の生体内流入による炎症性サイトカインの誘導が無いため、アミロイドーシスの進行の予防、貧血ならびに栄養障害の改善、循環動態の安定化、動脈硬化の予防、生命予後の改善などが報告されています。

期待できる効果
透析導入期より 皮膚そう痒症の改善
足のイライラ・むずむず感の改善
不眠の改善
皮膚色素沈着の抑制
透析中の血圧安定
貧血の改善
長期 透析アミロイド症の抑制・関節痛の改善
栄養障害の改善

在宅血液透析

時間や回数の制限が無いので十分な透析量を確保することが出来ます。夜間などライフスタイルにあった時間に行えるので、仕事との両立や家族と過ごす時間を増やすことが可能になります。
実施するにあたっては「介助者を確保できる」「自己責任である」「心疾患等の合併症がない」「自己穿刺が出来る」などの条件があります。患者様、ご家族、医療スタッフとの面談後、教育訓練を受けていただきます。透析に必要な機器は当院からお貸しします。

腹膜透析

血液透析と比較して、自由に過ごせる時間を作りやすい、時間をかけてゆっくり透析が行われるので体への負担が少ない、カリウム制限が緩やか、残っている自分の腎臓のはたらき(残腎機能)を長持ちさせることができるなどのメリットがあります。
腹膜透析に週1回の血液透析を組み合わせたハイブリット療法も行っています。

医療体制

  • 経験豊富なスタッフ

    透析専門医、透析看護認定看護師、慢性腎臓病療養指導士、フットケア指導士など経験豊富なスタッフがそろっています。

  • 心血管合併症対策

    循環器専門医が診療に加わり心臓超音波検査、脈波伝播速度検査、ホルター24時間心電図検査、AEDなどを用い心血管疾患の早期発見、合併症対策を行っています。

  • 皮膚疾患に対する治療

    皮膚科専門医が中心となり褥瘡、潰瘍、皮膚掻痒など対する治療を行います。

サービス

  • 無料送迎

    ご自分では通院困難な患者様を対象に無料送迎を行っています。送迎エリアは当院からおおよそ4km以内です。車椅子のまま乗降出来る車両を使用しています。

  • テレビ

    全ベットにモニターを設置しており、地上デジタル放送と衛星放送の無料視聴が可能です。

  • Wi-Fi

    Wi-Fiを設置しており無料でご利用いただけます。

看護課 係長藤田 菊恵
看護スタッフの想い

MESSAGE 患者様一人ひとりに合わせた
質の高い看護を提供します

透析医療においても超高齢化が進んでおり、患者様のニーズに合わせた長期透析患者のクオリティー・オブ・ライフの向上が必要不可欠となっております。
私たち看護課では、患者様一人ひとりに合わせた質の高い看護を提供していきたいと考えております。また合併症予防の「フットケア」に力を入れております。
多種業務者と連携を取り、安心して在宅生活が過ごせるようにしております。
何かお困りのことがありましたら、遠慮なくスタッフにお声がけ下さい。

臨床工学課

基本理念

私たちMEは安全、安心な医療の提供を目標とし、チーム医療に貢献します。
  1. 1.安全、安心で信頼される技術を提供します。
  2. 2.人材の育成、専門性の確立のため、目標をもって全員で取り組みます。
  3. 3.快適環境をつくるための体制を確保します。
  4. 4.医療人として責任感をもって行動します。
■医療機器安全管理
保守管理・修理研修については、メーカーや技士会が行う機会研修やセミナーに年間計画を立てて積極的に参加し、知識と技術の向上に努めております。
■透析液の水質管理
透析液安全管理者を配置し、透析清浄化ガイドラインに基づき運用・管理を行っております。
現在、基準を満たした透析液を供給しております。
臨床工学課 課長下地 博
臨床工学課

MESSAGE患者の心を重視する
透析医療を目指しております

透析医療は患者様を中心とした医師、看護師、臨床工学技師などからなるチーム医療であります。臨床工学技師として透析液は正常化基準を満たした安全でクリーンな液を提供します。透析機器は定期的な保守点検を行い、安全で信頼性の高い治療を提供します。通常の透析(HD)の他に、血液濾過透析(HDF)、β2ミクログロブリン吸着、LDLアフェレーシス等患者様個々の病態に合わせ選択しております。またハード面だけではなくソフト面でも患者の心を重視する透析医療を提供できるよう、日々精進していきたいと考えております。

■当院の特徴
高齢者や低血圧の患者様により良い治療を提供出来るよう、2018年7月に新たに透析用コンソールを導入し、全20台中16台がI-HDF(間歇補充型血液透析濾過)を行えるようになりました。
また、担当医や看護師と適宜相談し、個々の患者様に適した治療方法(O-HDF、I-HDF、HD)やその他の治療条件(ダイアライザ、血流量、補液量等)を決めて安全な透析治療およびQOL(生活の質)、ADL(日常生活活動度)が確保できるように努めております。

新情報

診療時間 MEDICAL TIME